機械の大型化や古くなり不用になった農機具の現状

昭和30年代から日本農業の機械化に向けた取り組みを手助けしてきた農機具は、急速に普及した一方で近年は不要になる農機具も増加している。

不用になる農機具の現状は、農業経営の規模拡大による大型農機具の買い替え・更新によって不要になった。

年式が古く耐用年数も過ぎて、修理部品の調達もできないでやむを得ず不用になった。高齢化で後継ぎがいない、農業経営主が病気になって農業をやめざるを得ないなの理由でまだ十分使える農機具なのに不用になった。など不用になる農機具の状況は様々である。

このようなことから農林水産省は1979年に、中古農機の有効活用と農機具への過剰投資を抑えるため中古機械促進事業法を定め、中古農機の市場形成を促進するための常設展示場または移動展示場に対し、設置費用の一部を補助する等の対策を行った。

その結果、全国に多くの中古農機常設展示場・移動展示場が開設され、一定の需要をみている。

一方、不用になった農機具の処分方法も様々である。規模拡大のため大型の農機具に更新する場合は、今使っている農機具は農機具販売店に下取りで引き取ってもらうのが主流となっている。部品調達ができず修理ができない、いわゆる壊れた農機具は廃品業者に引き取ってもらう処分方法が多い状況である。

高齢化などで農業をやめざるを得ないなどの理由で不用になった農業機械の処分方法は、この場合まだ十分使える農機具が不用となるケースが多いため農機具買取業者に買い取ってもらう処分方法がある。

なお、近年は農機具の買取業者も増えて処分の方法としては、農機具買取が主流になりつつある。また、農機具の高額買取も可能のため、農機具買取業者に査定の依頼をする農家も多い。

ただ、処分の方法がわからず農舎に放置してあったり、圃場に放置してあったりするケースも少なくない。不用になった農機具はいずれかの処分方法で適正な処分が必要である。また、活用できる部品なども有効活用してもらいたい。

なお、処分を依頼する方とすれば、最低でも無料で処分をしたい、まだ使用できる農機具はいくらかお金で買い取ってもらいたいと思うのが普通である。そんな農機具専門買取の業者が全国を対象に査定を行っているので利用するのも検討すべきである。

農作業の種類による農機具の分類

農作業の種類による農機具の分類

農業機械の部分を大きく分けると、原動機部分(エンジン部分)・伝導機(エンジン部分から回転力を取り出すところ)・作業機(耕転機など実際に土を耕したり、堆肥の散布などを行う機械)になる。

なお、トラクターのように原動機分と作業機が一体となっているものは、原動作業機とも呼ばれる。

主な作業の種類と機械の名称(ウィキペディア:農業機械を参照)

作業の種類 機械の名称
汎用的な農業機械 トラクター
耕転・整地に用いる農業機械 プラウ(すき)、ハロー(代掻き用の耕転機)、均平機、うね立機、溝切機など
施肥に用いる農業機械 マニュアスプッレッダー(堆肥散布機)、ライムソーワ―(石灰散布機)、プランタ(点播き機)など
播種・移植に用いる農業機械 田植機、野菜移植機、トランスプランタ(移植機)、散播き機など
防除・管理に用いる農業機械 噴霧器、動力噴霧器、ミスト機、散粉機、土壌消毒機、刈払い機、管理機、スピードスプレイヤー、動力ポンプ、スプリンクラーなど
収穫に用いる農業機械 バインダー、コンバイン、モアー、ヘイベーラー、ロールべーらー、脱穀機など
収穫物の乾燥と調整に用いる農業機械 乾燥機、籾摺り機、選別機、精米機、ディスクモア―、モアーコンディショナー、テッダー、レーキなど

作物に関連する、耕起から収穫、収穫後の調整に用いる主な農業機械である。なお、ここに紹介している以外にも多くあるので、ウィキペディア:農業機械を参照されたし。

 

稲作農業技術の変遷(収穫作業)

九州の稲作農業技術は、昭和30年代から急速に農業機械の開発が競って行われ各農家への普及が進み飛躍的に農作業の省力化・1戸当たり農業経営の規模拡大につながっていった。

稲作農業技術の耕運作業、田植作業が進むと当然収穫作業も併せて機械化の流れが急速に進んだ。

これは当然のことであり、耕運・田植え作業が省力化され規模拡大すれば収穫作業も必然的にその規模に見合う能力の作業ができなければ収穫ができないのである。

~昭和30年代

昭和30年代までは人による手刈りを行い、結束し掛け干しで自然乾燥を行い、脱穀して籾にして収穫が完了であった。

 

昭和40年~昭和初期

昭和40年~昭和初期にはバインダー(歩行型で稲を刈り取り束ねる機械)の機械化がすすみ刈り取り作業の省力化が図られた。掛け干しによる自然乾燥、脱穀はほとんど従来どおりの作業内容であった。

昭和50年代~

昭和50年代からは、さらに収穫作業機械が改良され乗用型コンバイン(稲を刈り取り脱穀する機械)の普及へと進んだ。このコンバインはすぐれもので、稲穂が立ったままの状態で刈り取り、脱穀作業までの作業を行うもので従来の二つの作業工程を同時に行うものである。

更に乗用型であり、操作する人は機械に乗り作業するものである。当時の農家は農業機械の進歩に驚くばかりであった。

ただコンバイン収穫作業は、稲穂が立ったままの状態で刈り取り、脱穀するので籾の水分含有量がとても高い。このため、収穫後は速やかに乾燥する必要がある。このことから、コンバインを導入する農家は併せて乾燥機の導入も行わなければならなかった。

コンバインでの稲の収穫作業は、現在も続いているが大型化したことや高性能の農業機械の普及と言うことで、脱穀作業中に収穫籾の水分計測できるようなコンバインも普及している。

稲作農業技術の変遷(田植編)

九州の稲作農業技術の耕運作業は、牛耕から耕運機、トラクターとえと機械化が進んでいった。

それに伴い、稲作農業技術の田植作業も人力から機械化へと進んでいった。昭和30年代までは、人による手植えで田植えを行っていた。これが昭和40年代になると歩行型の田植え機が開発され普及し始めた。

昭和60年代には、さらに田植え機の改良が進み乗用型の田植え機が普及し、現在に至っている。

~昭和30年代

昭和30年代までは、人力による農業が主流であった。田植えもその一つで、多くの人々(家族・親戚・隣人)で農繁期(稲の田植え・刈り取り作業など)に対応していた。親戚や隣人は結衣といい 田植えや屋根替え、味噌搗(みそつ)きなど、一時に多くの労働力を要する仕事をする際に、お互いに人手を貸し合うことが一般的であった。

水稲の手植え

 

昭和40年代~昭和50年代

昭和40年代からは農業技術が進歩し、歩行型の田植え機が普及した。田植え機を歩行しながら操作し田植えを行う機械である。

この機械を利用するには苗作りを変更する必要があった。手植え時代は、水田に畝を作りそれに籾を播いて育苗し苗作りを行っていた。

しかし、歩行型の田植え機を利用するには田植え機に合った苗作りを行う必要があった。現在も同じであるが、規格の決まった箱に籾を播いて苗作りを行うものである。(箱苗と言う。)

規格の決まった箱苗を田植え機にセットすると田植え機がそれを1株づつはさんで、植えていくものである。

この田植え機により、1日で田植えをする能率が飛躍的に向上した。ただ、この田植え機も、導入できる農家とできない農家の当時格差があった。

導入できない農家は、手植えによる田植えがしばらくは続いた。

 

昭和60年代~

昭和60年代になると、更に農業技術が進歩し田植え機も大型になり、歩行型から乗用型に変わっていった。近年は、省力化が進んで元肥も田植えと同時に施肥する田植え機で側条施肥機が付いた田植え機が主流である。

これは、肥料を田植えと同時に施肥するもので、従来は田植え前の本代掻き時に人力により施肥していた作業をしなくても良くなった。一つの作業がなくなるので水稲栽培の省力化である。

九州の水稲栽培も、農業技術の進歩により省力化が進み、経営規模の拡大による専業農家の増加にもつながっていった。

稲作農業技術の変遷(耕運作業編)

昭和30年代の九州農業は、稲作が主体でいも類や工芸作物(なたね、たばこ、茶、い草等)の比率が全国より高かった。いわゆる土地利用型農業で、作付けする面積を広くすることで農家経営の安定につなげていた時代である。

九州の稲作での農業機械の変遷は、昭和30年代前までは、牛を使い水田を耕していたいたが、昭和30年代に動力耕運機が普及、さらに40年代には、歩行型田植え機・バインダーが普及し、田植え・収穫作業の機械化が進展した。

昭和30年代 牛 耕

昭和30年代前の牛耕の様子だが、当時はほとんどの農家に一頭の牛が飼われていた。役牛として主に田・畑の耕起作業を行っていたが、中には山からのまき材の原料引き出し作業も行っていた。また、副産物として牛の糞尿も堆肥として活用されていた。

昭和30年~40年代 動力耕運機

昭和30年代は、動力耕運機が普及し飛躍的に農作業の省力化が図られた。しかし、当時動力耕運機を購入できる農家とできない農家の格差があった。経営規模や所得の格差である。経営規模の小さな農家は、小型の動力耕運機や中古の動力耕運機の購入から始まった。

昭和40年代~ 乗用型トラクター

昭和40年代は、乗用型のトラクターが普及しより農作業の省力が図られた。まず、トラクターの能力として動力耕運機より耕運していく速度が倍以上の速さと、耕運する機械部分の耕転機(ロータリー)の幅が動力耕運機より3倍以上ある。このため1日に作業を行う面積が数十倍可能となった。それに伴い水稲の経営規模も拡大し農家の経営も安定していった。