農作業の種類による農機具の分類

農作業の種類による農機具の分類

農業機械の部分を大きく分けると、原動機部分(エンジン部分)・伝導機(エンジン部分から回転力を取り出すところ)・作業機(耕転機など実際に土を耕したり、堆肥の散布などを行う機械)になる。

なお、トラクターのように原動機分と作業機が一体となっているものは、原動作業機とも呼ばれる。

主な作業の種類と機械の名称(ウィキペディア:農業機械を参照)

作業の種類 機械の名称
汎用的な農業機械 トラクター
耕転・整地に用いる農業機械 プラウ(すき)、ハロー(代掻き用の耕転機)、均平機、うね立機、溝切機など
施肥に用いる農業機械 マニュアスプッレッダー(堆肥散布機)、ライムソーワ―(石灰散布機)、プランタ(点播き機)など
播種・移植に用いる農業機械 田植機、野菜移植機、トランスプランタ(移植機)、散播き機など
防除・管理に用いる農業機械 噴霧器、動力噴霧器、ミスト機、散粉機、土壌消毒機、刈払い機、管理機、スピードスプレイヤー、動力ポンプ、スプリンクラーなど
収穫に用いる農業機械 バインダー、コンバイン、モアー、ヘイベーラー、ロールべーらー、脱穀機など
収穫物の乾燥と調整に用いる農業機械 乾燥機、籾摺り機、選別機、精米機、ディスクモア―、モアーコンディショナー、テッダー、レーキなど

作物に関連する、耕起から収穫、収穫後の調整に用いる主な農業機械である。なお、ここに紹介している以外にも多くあるので、ウィキペディア:農業機械を参照されたし。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です