稲作農業技術の変遷(収穫作業)

九州の稲作農業技術は、昭和30年代から急速に農業機械の開発が競って行われ各農家への普及が進み飛躍的に農作業の省力化・1戸当たり農業経営の規模拡大につながっていった。

稲作農業技術の耕運作業、田植作業が進むと当然収穫作業も併せて機械化の流れが急速に進んだ。

これは当然のことであり、耕運・田植え作業が省力化され規模拡大すれば収穫作業も必然的にその規模に見合う能力の作業ができなければ収穫ができないのである。

~昭和30年代

昭和30年代までは人による手刈りを行い、結束し掛け干しで自然乾燥を行い、脱穀して籾にして収穫が完了であった。

 

昭和40年~昭和初期

昭和40年~昭和初期にはバインダー(歩行型で稲を刈り取り束ねる機械)の機械化がすすみ刈り取り作業の省力化が図られた。掛け干しによる自然乾燥、脱穀はほとんど従来どおりの作業内容であった。

昭和50年代~

昭和50年代からは、さらに収穫作業機械が改良され乗用型コンバイン(稲を刈り取り脱穀する機械)の普及へと進んだ。このコンバインはすぐれもので、稲穂が立ったままの状態で刈り取り、脱穀作業までの作業を行うもので従来の二つの作業工程を同時に行うものである。

更に乗用型であり、操作する人は機械に乗り作業するものである。当時の農家は農業機械の進歩に驚くばかりであった。

ただコンバイン収穫作業は、稲穂が立ったままの状態で刈り取り、脱穀するので籾の水分含有量がとても高い。このため、収穫後は速やかに乾燥する必要がある。このことから、コンバインを導入する農家は併せて乾燥機の導入も行わなければならなかった。

コンバインでの稲の収穫作業は、現在も続いているが大型化したことや高性能の農業機械の普及と言うことで、脱穀作業中に収穫籾の水分計測できるようなコンバインも普及している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です